« いよいよ始まる | トップページ | 2010 李政美LIVE at もっきりや »

2010/08/31

あなたが今生きている ただそれだけで・・・

恒例となった李政美、夏の石川ツアー。
今年は4ステージ。
まずは、金沢市内にある少年院でのコンサート。


はじめは李政美も生徒たちもかなり緊張した面持ちだったが、次第に肩の力も抜け、歌の世界に引きこまれていくのを感じた。

★セットリスト
あなたが笑っていると
京成線
ありのままの私
わたしと小鳥とすずと
ありがとういのち
そのままで大丈夫
What a wonderful world
ミリャンアリラン
ローズ


1曲目
あなたが笑っていると
あなたがいま、生きているただそれだけで・・・
わたしはとても幸せなんです

この言葉あたりから、唇をかみしめながら聞く子どもたちの姿がみられた。


子どもたちの目は、本当に純粋だった。
純粋で、でも自分を守るために虚勢を張り、自分を傷つけ、そしてこの場所で過ごすことになった彼らの心に、染みいるように入っていくのを感じた。


3曲目 ありのままの私
この曲では、何人もの子が、目を真っ赤にし、こらえきれずに流れる涙をぬぐい・・・。


灰色の心に似合わない服着て
うつむいて歩いてた昨日の私
凍りついた翼 心を縛る呪文
ひとつひとつ解いてあげよう

ありのままの自分を愛しさえすればいい
ほら、心がこんなに澄んでくる
ありのままの自分を愛しさえすればいい
ほら、目に映る世界は新しい
ありのままの自分を愛しさえすればいい
ほら、すべてのいのちがいとおしい
(ありのままの私)


2156830_545816062_47largeずっと考えてきたこの日のためのセットリスト。
子どもたちへのメッセージが込められた、言葉の数々。


ありがとういのち おまえがくれた
心は震え、押さえきれない
人の考えが創り出すもの
良いものと悪いものの隔たり
あなたの明るい瞳を見て
(ありがとういのち)


わたしはわたしのままで
あなたはあなたのままで
そのままで大丈夫 
さあ、歩いてみよう
とりあえず歩いていこう
ずんずん歩いていこう
行き先なんか知らないけれど
(そのままで大丈夫)

忘れないでね 冬の冷たい雪の遥かその下には
太陽の愛さえあれば 春に
バラとなって花ひらく種があることを
(ローズ)


どれだけの温もりが、子どもたちの心の中に染みこんでいったことだろう。

歌が終わって30分ほど、みんなで輪になって座り座談会。
質問をちょんみさんと順平さんが受け答え。
歌を歌うようになったきっかけ、歌っている時の思い、ギタリストになったのは・・・といった具体的な話で、それに丁寧に、二人は答えていった。


最後に、一人の少年が
「行き先はまだ見えないけれど、とりあえず、がんばってみようかなという気持ちになることができました、ありがとうございました」
というようなことを話した。


何か、言葉が出なかった。
彼のこれまでの人生を思い、これからのことを思い・・・。


花束贈呈があって、「ではこちらへ・・・」と教務官の言葉があった時、順平さんが「ちょっと・・・」と話し始めた。


「非常に真っ直ぐな目をしてるって思いました。今のその目の感じをずっと持っていて欲しいなと思います。君たちに会うことができて、とてもよかったと思いました。どうもありがとう。」
というようなことを話す。


そして李政美も。

「本当に胸がいっぱいになってしまって。
昔、定時制高校で働いていたんだけど、わたしは先生は向いてはいなかったけれど、自分にとって良かったのは、子どもたちがいとおしく思えたこと。今日もまたみなさんにお会いして、愛おしいという気持ちがこみ上げて涙があふれました。みなさんにお会いできて、本当にうれしかったです。どうもありがとうございました。」

と話しかけた。
すばらしい時間だった。


ちょんみさん、順平さん、本当にありがとう。

後日、生徒たちからの感想が李政美に届く。
自分を深く見つめ、李政美の言葉を受け止め、正直に、精一杯の思いを語る子どもたちの言葉に、また涙をこぼした・・・とのこと。

そして、李政美から、生徒たちへ手紙が届く。
その内容が、李政美の徒然日記に語られているので、転記する。

************************
8月29日 (日)
明日はきっと生まれかわれる

毎年恒例になりつつある夏の石川ツアー。今年はその初日の8月19日に金沢市内の少年院に歌いに行った。
事前に院の職員の方が生徒たちの感想文集や院内での生活を紹介する資料等を送ってくれた。その資料から生徒たちの「自分を変えたい」という強い意欲と、職員の方たちの熱意が伝わってきた。1時間のコンサートで何を歌おうか、何を話そうか...、いろいろと考えたけれどなかなかイメージが湧かない。曲目は、小松に向かう飛行機の中でようやく決まって、後は生徒たちの顔を見たらなんとかなるだろう。人は必ず変わることができるということを、自分自身の経験から伝えることできれば。
ギターの佐久間順平さんは、前日の福岡での仕事を終えて、早朝の飛行機で先に小松に向かってくれた。K学院に到着すると、石川ツアーの主催者の山先さんをはじめ、仲間たち5人がお手伝いに駆けつけてくれていた。
いよいよコンサートのはじまり。小学校の教室くらいの部屋に17人の生徒たちが前列に座り、その後ろに同じくらいの人数の職員のみなさん、そして山先さんたちが座る。生徒たちは緊張した面持ちで、肩を少しこわばらせて肘を張って手を膝の上に乗せている。
まずは自己紹介をして、そんなに緊張しなくて大丈夫、大丈夫と言って、1曲目の「あなたが笑っていると」を歌う。もう1曲目から涙がぽろぽろ。なんでいつも私はこうなんだろう。最後の「ローズ」を歌い終えるまで、心がずっとふるえていた。

石川の旅から帰った二日後、生徒たちからコンサートの感想文が届いた。私の拙い歌と話をこんなにも深く、真剣に受け止めてくれた彼らに、感謝の気持ちでいっぱいだ。そのひとつひとつが私にとって大切な宝物になった。

生徒たちに書いたお手紙を紹介します。


K学院の生徒のみなさんへ

暑い日が続いていますが、みなさんその後おかわりなく元気でお過ごしですか?
8月19日のコンサートの余韻がまだ心に残っています。あの翌日から金沢、小松、能登半島珠洲の三カ所で歌いましたがみなさんとの思い出深い出来事が、ずっと私に元気を与えてくれました。
東京に帰ってきてからずっと、お手紙を書こうと文面を考えていたら、今日、みなさんからの感想文が届きました。
ひとりひとりの心のこもった文章を読んでいたら、心がふるえて涙があふれてきました。ありがとうございます。
あの日、みなさんに伝えたい事はたくさんありましたが、コンサートでは、なるべく重く、暗くならないように、音楽を楽しめるように心がけました。
あの日伝えられなかったことを、お手紙で綴らせてくださいね。

懇談会の時に「なぜ歌が歌えなかったのですか?」という質問がありましたが、その答えが少しわかりにくかったかもしれません。
私は在日韓国人1世の両親のもとで、六人兄弟の末っ子として生まれました。父も母も幼い時にそれぞれの両親とともに日本に渡って来ました。学校に通う機会がなく学歴もないので、就職もできずにいろんな商売をしましたが、私が生まれた頃には廃品回収業を営んでいました。両親はとても深い愛情で私たち兄弟を守り、育ててくれましたが、私は物心ついた頃から、朝鮮人であること、両親が無学であること、バタ屋(廃品回収業の蔑称)を営んでいることをとても恥ずかしく思うようになりました。そして、お酒を飲んでは大暴れする父に殺意を抱くほどの憎しみを持つようになりました。

高校生になって、自分に少しばかり音楽の才能があることに気づいた時、この力を利用して、自分を取り巻くすべてのものから逃げ出そうと決心しました。目標はオペラ歌手になることでしたが、まず音楽大学に入るためにがむしゃらに勉強しました。不純な動機です。歌で誰からも認められる人間になれば、自分の生い立ちも家族のこともすべて消してしまえると思ったのですね。

その頃、母は重い病気で入退院を繰り返し、私が大学に入学する半年前に亡くなりますが、私は受験勉強に必死で、ほとんどお見舞いには行きませんでした。自分の欲のために母を見殺しにしたのです。


私は念願通り音楽大学に入学しましたが、その頃から心のバランスを少しづつ崩していきました。他者に心を閉ざしどんどん自分を否定するようになっていきました。その頃は、その原因をいくら考えてもわからず、どんなに自分を変えようともがいても、どうすることもできませんでした。
あの頃、もしも私にもっとエネルギーがあったのなら、他人を傷つけたり、或いは自分自身を傷つけたりしていたかもしれません。

あれから約30年かけて、たくさんの恵まれた出会いと、出来事があって、少しずつ、少しずつ、自由に生きられるようになりました。そして、その力を利用してなりあがろうと思っていた「音楽」がいつも私を助けてくれました。

定時制高校で働いていた時も、学校へ歌いに行く時も、みなさんの前で歌った時も、生徒たちが愛おしいと感じるのは、その姿の中にかつての自分自身を見ているせいかもしれません。
大丈夫、大丈夫、と思い切り抱きしめたい気持ちでいっぱいになります。

送ってくださった感想文の中に、「ありのままの自分というは、幼少時代の真っ直ぐで純粋な心の事だと思うのです」という文章がありました。その通りだと思います。私が詩人の山尾三省さんから気づかされたことも、まったく同じことでした。「自分のまんなかには、尊い魂がある」。「魂」という言葉が分かりにくければ、「本当の自分」と言い直してもいいかもしれません。私は、自分の中に尊い自分を見つけて、ようやく人前で歌を歌えるようになったのだと思います。

それから「君が笑っているとなんだか嬉しくなります。君が泣いているとなんだか悲しくなります。近くにいても遠くにいても君が生きている、それだけで、嬉しいんです。・・・全ての人の心には、必ず”君”がいて、誰もが必ず誰かの”君”であるのではないかと思いました。・・・」。誰もが必ず誰かの”君”であることに気づくということは、「私」と「君」の間に垣根がないということに気づいたということですね。そう気づく時、人はもう誰も傷つけられなくなります。

さっき「恵まれた」という言葉を使いましたが、実は「恵まれた」、「恵まれない」というのは、その心の受け止め方次第なのだと思います。自分に起こるすべての事を肯定できれば、世界はまったく違う姿に見えてくるでしょう。

「行き先はわからなくても、とりあえず歩いてみようという歌詞は本当に今の自分にぴったりだと思いました」という感想もありました。
私も、一歩一歩、精一杯歩いて行きたいと思います。

みなさんも、「アリアリラン、スリスリラン」と口ずさみながら、それぞれのアリラン峠を越えていってください。

最後に、みなさんに会えて本当によかったです。
ありがとう!

2010年8月25日 李政美
************************

ちょんみの徒然日記

石川夏のツアーは、2003年 8月8日 もく遊りん 8月9日称名寺から8年連続である。恒例になりつつあるって、何年だと「恒例」になるんだ?と突っ込みどころはあるが・・。

子どもたちと出会い、愛おしさにあふれ、包み込むように歌う彼女の表情。

その思いが、このツアーずっと続いていた。
素敵な時間をサポートできたこと、それをとてもうれしくありがたく思っている。

« いよいよ始まる | トップページ | 2010 李政美LIVE at もっきりや »

李政美」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いよいよ始まる | トップページ | 2010 李政美LIVE at もっきりや »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ