« 日本と朝鮮半島とのつながりを学びあおう (お話の会) | トップページ | 盧佳世 祈り  LIVE at 称名寺 »

2011/02/27

盧佳世(のかよ)&矢野敏広 ジョイントLIVE at 称名寺 【LIVE】

■3/5(土)
盧佳世(のかよ)+矢野敏広 ジョイントLIVE at 称名寺
 18:00開場 18:30開演
 場所 称名寺 (コバヤシスタジオ前)
 石川県小松市西町96  TEL:0761-22-0344

 お代 2000円 (中・高生500円 小学生以下無料)
Img_1453


 小松行こうかなぁ、五六さんにも会いたいし・・・と言ってた矢野さん。あっという間に実現することになりました。

 俺は一人でもいいんだけど、もう1人行きたいって言ってるから・・・なんていいながら、ちゃんと、佳世さんも一緒に来てくれることに。一昨年2月以来の来県です。


Img_1399

 「ほめて ほめて ほめて ほめて ほめて ほめて ほめて」さよこさんのテーマ曲{ほめて」ももちろん歌っていただけるでしょう。
矢野さんの今回のテーマは『昭和歌謡』だそうです。みんなで歌いましょう。


佳世さんは、2005年8月に石川小松・中ノ峠ミュージックラボで1st アルバムのレコーディングをお手伝いしてからのご縁。
Img_8951


このときも、なかなかに濃い時間だった。
ちょんみさんがコンサートで来県中。

金沢のイベントに呼ばれていた寿[kotobuki]の二人からの連絡で宿泊手配をすることになり、じゃあ一緒にラボに泊まろうということに。
しかもこの時、この子たちの夏の打ち上げ反省会をやろうということになっていて、それもラボで・・・。
チヂミをちょんみねぇおん自ら焼いていただきましたねぇ。

実行委員長のさよこさんのお話を、ちょんみさん、ナビィちゃん、にぃにぃたちが真剣に聴くという光景もありました。

Img_8929

この宴会の間中、ずっとレコーディングが行われていたわけです。

Img_8947

Img_8988


一昨年の2月、矢野さんのソロライブを称名寺でやろうということになり、その時一緒に佳世さんが来てくれたのが、石川初LIVE。

この時は称名寺とyamaんちで2つのステージ。

Img_1430
称名寺

Img_1818
yamaんちでのLIVE


翌日は、氷見の高澤酒造、蔵開きへ。

Img_1918

Img_1924
美味しい時間でした。


1ヶ月を切ってから本決まりになった今回のLIVE。なかなか紹介しきれないけれど、佳世さんの歌声、そして矢野さんの楽しいトーク。そして人柄。
土曜の夜を、ゆったりと過ごしませんか?


佳世さんが歌う「ほめて」と「キャベツ」は、ためしてガッテンなどの放送作家として活躍中のあべあきらさんの曲。東京でのLIVEでは、あべさんも登場されてました。
Img_9885

もっとほめてねぇ あなた
私ほめられて伸びるタイプなの
だからけっして しかっちゃいやよ
私のいいところを伸ばしてね

いけないところがあっても 
ポジティブにとらえてね
浪費家じゃなくて お金離れがいいのよ
料理が下手じゃなくて 独特の味覚感覚なの
掃除が嫌いじゃなくて 自然のままが好きなの

だから
ほめて ほめて ほめて ほめて ほめて ほめまくって
ほめて ほめて ほめて ほめて ほめて ほめちぎって
ほめて ほめて ほめて ほめて ほめて ほめ続けて
ああ それでもまだ ほめられたりない
(ほめて 盧佳世)


今週末となりました。
お待ちしてます。

« 日本と朝鮮半島とのつながりを学びあおう (お話の会) | トップページ | 盧佳世 祈り  LIVE at 称名寺 »

盧佳世」カテゴリの記事

コメント

5年6ヶ月前ですね。
懐かしいと言うか、今思い起こせば何と濃い時間、出会いだったんでしょう・・・・・(*^.^*)

あの時の私は、この3人はアーティストなんだ。

何?
熱い追っかけファン?

確か「この子たちの夏」打ち上げのはずだけど、知らないけど、周りは皆知ってんだ〜。
知らないのは、私だけ?

って、実は状況把握に頭がこんがらがってました〜(笑)


しかも、台所でこまめに動く女性の存在も知らず、途中で分かり納得! なはっ。敬子さんでした(*^.^*)


3人の印象は、柔和な笑顔と、時よりおおらかに声を上げて笑う姐御肌のちょんみさん。

ちょんみさんとお喋りしながら、美味しそうに食べ続けてる元気なナビィちゃん。

無口で声を発しない、されど黙々と食べてる存在感あるにいに。


そんな感じでちら見していた私です。


レコーディングもちら見してますf^_^;


訳が分からないってスタートでしたが、こうして関わらせて戴くようになったご縁は、やはり「この子たち・・・」なんでしょうね。


広島繋がりから、とも子ちゃんとも再会出来たし、何だか嬉しい足どりだと改めて感謝でいっぱいですm(__)m


佳世さんの歌、多くの方に届けたいです♪

是非、5日土曜日、称名寺へいらして下さいませませ((o(^-^)o))


yamaさん、懐かしい日記をありがとうございました。

繋がるご縁は、必ず太くしっかりと繋がっていくのです。
みんな、いつの間にか友となり、仲間となり。

人と人が出会うと、いろんな新しいことが生まれていく。
そうやって、もう、13年が過ぎています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本と朝鮮半島とのつながりを学びあおう (お話の会) | トップページ | 盧佳世 祈り  LIVE at 称名寺 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ