« 佐久間順平&李政美ジョイントLIVE at セミナーハウス | トップページ | 祭りの後 李政美&佐久間順平ジョイントLIVE~斉藤とも子朗読会 »

2014/08/26

感動の5ステージ 李政美石川ツアー2014

2014年の李政美石川ツアー、5ステージもあったのに、あっという間に終わってしまいました。
待っている間は、長くて、近づくとバタバタして、始まるとあっという間。

いつものことだけど、今回も。

でも、全てが印象に残る、すてきな時間となりました。
ちょんみさん、きんちゃん、矢野さん、シミずっち、ありがと~。
スタッフのみんな、楽しかったね。
来てくださった皆さん、ありがと。また来年もぜひ。

8/ 22(金) 李政美コンサート (主催)No.68
 場所 金沢市内少年院 (クローズド)
 ツアー初日、5回目の少年院。新しい院長さんもとてもすてきな方で、またきっと、来年も・・・。
初めての頃は6ヶ月未満の子どもたちだったのが、長期に変わり、今回去年に続いて2度目という子がいました。入院して間もない頃に李政美の歌声を聞き、そしてもうじき退院というこの時期に。彼(ら)にとって、この時間がどれほど大きな物か、それをひしひしと感じ取ることができました。このコンサートに、2000年、李政美を初めて学校へ招いた時の教え子さんを連れて行くことができました。卒業の日にありのままの私をギターで弾いたその子が、今年、新採として教職に就き、そしてスタッフとして関わってくれたこともとても大きな出来事。世の中は、いろいろ重たい空気を感じるこの頃だけれど、彼らのような若者たちが、ちゃんと、大切なことを見つめようとしてくれていることに、大きな希望を感じています。また来年も、これからもずっと、という連絡が友人に入ったそうです。うれしいな。

8/22(金) 李政美コンサート at 称名寺 vol.11  (主催)No.69
18:00開場 19:00開演 70名
10405541_675821659161497_4002390439

2つ目のステージは称名寺。11回目の今回は、沖縄、福島への思いを感じました。「祈り」を歌わなかったのは初めてだったけれど、「祈り」を強く感じた時間。雨でお客さんの足も心配だったけれど、思った以上、本当にたくさんの方に集っていただき、そして、ともに感じあえる時間となりました。

チビチリガマの歌
ああ、福島

何度も何度も頭の中を巡っています。

若い先生方がたくさん来てくれたことも、この日のうれしかったこと。彼らがきっと、何かを感じ取り、自分の思い、言葉で伝えていってくれるだろうなと。
宮崎ジュニアの音響も、とても聴きやすかったです。ますます磨きがかかってきたなぁと。たくさんのスタッフもてきぱきと動いてくれて、助かりました。本当にすてきな仲間たちです。

8/ 23(土) 李政美コンサート (主催)No.70
13:00開演 60名
Jeongmi_1136774779532
3Stageは末信公民館。
石川で初めて李政美のCDを購入したと思われる、Tさんの主催。Tさんはうちらの人権学習会のドン!?で、元小学校の教員。現在は児童館に勤め、子どもたちと関わり、その傍ら、農業にいそしんでおられます。めざす将来像って感じの方。
以前は、勤務される児童館にちょんみさんを呼んで下さり、そして今回は、ご自身の地域のみなさんにちょんみさんの歌声を聞いてもらいたい、と企画して下さいました。
「連れ合いには聴かれたくないですが・・ちょんみさんとは、赤い糸で結ばれ・・・」という話で始まり、どっとわいたところでちょんみさんのコンサート。〆にはこのコンサートにかける思いを語られていました。

あんたとうら いま ここにおるげん
ドイツ語で歌われたイマココニイルヨは、皆さんに大受け。
帰り際、公民館長さんが「来年の予約をマネージャーさんと約束したわ」とうれしそうに。そうなんですね。

きんちゃんが、「思わず泣きそうになってしまった」と語ってくれたことが、このコンサートのすてきさを表現しているように思いました。

8/ 23(土) 李政美LIVE もっきりや vol. 8 主催No.71
Img_6737

4Stageはもっきりや
8回目の今回も、またいろんな出会いをいただいたすてきな時間となりました。

この日が親戚の命日、少し遅れて参加となったその方が入ってこられた時にちょうどちょんみさんが語り始めそして歌った「いつもそばにいるよ」
3週間後に結婚式、そして1月には母になる友人のために歌ってもらった「What a wonderful world]曲の途中に、何度も涙をぬぐう姿を見て、こちらももらい泣き。

いろんな愛の形を感じた、すてきな時間となりました。
もっきりやさんでの写真は、いつもいつもすてきな雰囲気となります。この場所に棲む、何かとつながってるかのように。
お昼のコンサートでへとへと、お酒もちょっと入ってリハではヘロヘロだったんだけど・・・と言っていたきんちゃんが、ステージが始まったとたん、何かが降りてきたような感じで演奏できた//と話して下さったことも印象的でした。
また来年も、と強く思わせて下さったステージです。


8/ 24(日) 李政美LIVE at 湯宿さか本 vol.7 (共催)No.72
Jeongmi_1137518742084

7回目となっても、いつも新鮮。新しい出会いが待っています。
ツアー最終日。自分にとっても「ご褒美の日」という思いで参加させてもらっているここは、間違いなく、ふるさとの一つ。
しんちゃん、みほさん、菜の花の温かいもてなし。若い子たちのてきぱき働く姿。
わびちゃんがいなかったのが残念だったけど、リハから本番、打ち上げ、そして朝食まで、どれをとっても極上時間。竹林が広がるお風呂に何度もつかる至福の時も含めて、このツアーには欠かせない場所となっています。舞台で忙しく、今回は参加も難しいかな、と思っていたとも子ちゃんも、しんちゃんに会いたいから、とこの日から参加してくれました。

特に2部
星めぐり~とも子ちゃんの朗読~ああ福島
この流れは、ふるさとを奪われることの苦しみ、つらさ、そのふるさとへの思いなどを感じさせられる、心が揺すぶられるものでした。きんちゃんのBGMも、何とも言えない感動を呼び起こすものでしたね。

打ち上げは、やのPさんの独断場。
もう指が痛いからできない~と言いながら、いったい何曲弾いてくれたのだろう。みんなで大合唱。最後には、今日、歌わなかったことも忘れていたという「京成線」で締めくくり。
ふるさとへの思い、が、つまったLIVEでした。

« 佐久間順平&李政美ジョイントLIVE at セミナーハウス | トップページ | 祭りの後 李政美&佐久間順平ジョイントLIVE~斉藤とも子朗読会 »

李政美」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 佐久間順平&李政美ジョイントLIVE at セミナーハウス | トップページ | 祭りの後 李政美&佐久間順平ジョイントLIVE~斉藤とも子朗読会 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ