趣味

2012/01/09

2011年のふり返り 4 【みました・学びました】 ~ LIVE&講演会 展覧会 感動との出会い

自分を磨く、そういう機会となっている、fun fanの繋がり。
コンサートや講演会、展覧会も、いろんな刺激をもらう場所。

2011年も、たくさんの機会をいただきました。
ご一緒させていただいた皆さんとの、1年間の歴史をここに。


■1/18 東海ディレクターと、学びの日

Dsc02315

Img_6026
5年生には、国語と社会科で、ディレクターの仕事、放送局の仕事を学ぶ時間がある。
mizuhoさんに教室へ来てもらい、話を聞かせてもらった後、自分たちで計画した社会見学へ。

現場で働く人からの言葉は、子どもたちの中に、しみ込んでいくのです。
いつもありがと。


■1/28 社会見学 MROその他

5年生を4つのグループに分けて、金沢にある放送局を、公共交通機関を利用して訪ねるという学習。
貸し切りバスで行くという方法もあるが、あえて、こういう方法をとった。
電車やバスを使うと言うこと、そのことに意味があると感じたから。
そして、そこへ行くためにはどうやればいいか、時間は?他の乗客への配慮など、見学丸ごとが学びとなる。
せっかく、JR寺井駅が校区にあるという好条件の浜小。それを使わない手はない。
パソコンや聞き取り、寺井駅へ調査など子どもたちだけで方法を考え、この日を迎えた。(もちろん、アドバイスやこちらからの手配もするのだけれど)

MRO 金沢テレビ 石川テレビ NHK金沢放送局の4つを、クラス4等分でグループを作って見学してきた。yamaは、MROグループに付き添い。

Img_6433
MROにて仕事中の、東海ディレクターにあいさつ。

Img_6441
ラジオの実況中継に飛び入り。

Dsc02405
松村レオ アナウンサーに会う。子どもたちも知っていて、テンションが上がる。
いい体験させてもらった。
他の局でも、スタジオの中へ入れてもらったり、体験させてもらったり、楽しい時間だったようだ。


■2/6 寿[kotobuki]旧正月コンサート

新大久保 R'sコート
Img_6545
パワフル&ドラマティック&コミカル
毎年、欠かせない旧正月コンサート。2012は、全国教研と重なって、行けないのが残念。
ぜひみなさん、感想を聞かせてくださいまし。


■2/10 MRO 取材 学校のたからもの

これもまたご縁で、MROのレオスタに、子どもたちが出演することに。
学校のたからものを紹介するコーナー。5年生の4クラスみんなで紹介を。

Dsc02539
学習を、身をもって体験させていただきました。


■3/5 盧秀吉(ロスギル)さんのお話の会&yamaのレポート報告

Img_7805
在日の歴史をお聞きする場を持ちたい。盧佳世(のかよ)さんをお呼びした機会に、併せて学習会もしようと計画した。教員になってから、ずっとお世話になっている盧(ろ)さんに来ていただいて、ご自身のことも含めてお話ししていただいた。その前に、yamaの「ありのままの私」のレポートの概略を読み、そこに関しての補足などもあれば・・と。
夜のコンサートのために来てくれていた、矢野さんと盧佳世さんも一緒に話を聞く。

■3/5 矢野敏広 盧佳世 ジョイントコンサート at 称名寺

夜は、ここで2度目となる矢野さんのコンサート。
まずは、矢野さんのソロから。

Img_7843
称名寺のご住職が矢野さんのfan。そういうご縁もあってのこの会。

Img_7858

Img_7869

Img_7812
海渡りでは、ジェジンもチャンゴで参加。

Img_7873
佳世さん、コンサートを重ねる度に、表情が豊かになって、落ち着いた感じがする。このステージもとてもよかった。

Img_7943
ご住職夫妻と

Img_7948
komorebiさんも、長野から称名寺イベントのレギュラー・・・。いつもありがとう。


■4/10 つばさ ミニコンサート

安宅のお祭りで、つばささんが歌うと聞いたのででかけてきた。
ぽかぽか陽気の野外コンサート。
Img_9670
心地よい歌声の、ゆったりしたひとときを過ごした。
金沢から、どんどん巣立っていってほしいな。




■4/24 ハシケンLIVE at DNAロックcafe

オオクボーンさんからのお誘いで、ハシケンさんのLIVEへ。
Hasiken07
大久保さんのパーカッションも素晴らしかった。じっくり音楽を楽しんだ夜だった。


■5/31 李政美コンサート at 金沢市立工業

ご縁が繋がり、金沢市立工業高校で李政美が歌うことに。
010531

020531
李政美を石川へ招くようになって12年。この年の最初のコンサートは、高校生と一緒に聴くことができた。
こうやって、いろんな人が呼んでくれるようになったことがうれしい。


■6/3 ラビィサリ at 断捨離セミナーハウス

スタッフのためのプライベートLIVE。
美味しい料理と、マイクを使わないやさしい音のLIVE。

Dsc03895

Img_1459
和田啓

Img_1467
常味裕司

Img_1470
松本泰子

この後の打ち上げも、いつものごとく、楽しかった。


■6/4 常味裕司&和田啓 アラブ音楽の調べ at ルフレ 前回と同じように、キルト展会場において、ティータイムコンサート。 まどろみながら、漂うように音と戯れる時間。

Img_1789

Img_1791
このコンサートがよかったからと、夜のコンサートに娘さんを誘って下さった方もいたとか。ありがたいことです。うれしいです。


■6/4 ラビィサリ at ルフレ

川之上佐代子と仲間たちのキルト展 2度目のゲストとして招かれたラビィサリ。前回のMCで、いつかこのキルトが完成した時に、その前で歌えたら・・・と言っていた、「やわらぎの季(とき)」の前で、うさぎさんが歌う。
それだけでも、心がわくわくしてきた。

Dsc03918
レク
タンバリンの原型と言われるが、音は全く違う。いろんな音色が奏でられる。

Dsc03920


Dsc03921


Dsc03929


Img_1908
常味裕司

Img_1833_2
松本泰子

Img_1813
和田啓

またきっと、石川で3人のステージを。
夜の打ち上げでは、yamaの誕生祝いをしていただき多。ありがたいことです。


■6/12 栗コーダーカルテット 小松うらら

リコーダーだけで繰り広げられる、素晴らしい音の世界。
ダースベーダー、楽しかった。

栗コーダーカルテット


■6/18 森達也さんのお話 称名寺さんから、森さんが来るよ、と教えていただき、楽しみにこの日を待っていた。特に連れ合いは大ファン。 前日、前のりで宴会。

Dsc04176_3

A3を購入して、サインもいただきました。
Dsc04178

初めてお目にかかったのに、そういう感じがしなかった。話もとても分かりやすく、聞いていて頷けることも多かった。途中で矢野さんに電話。ちょうどどぅたっちでソロコンサートをしているところだった。

18日は午後1時半からの会。
Img_2163
東北大震災の話とオームの話などを絡めながら、真実を伝えると言うことの難しさ、聞き手側の態度などを聞く。
深く納得。


■6/22 寿[kotobuki] at 富山別院

Img_2306
学校が終わって高速に飛び乗り、富山別院へ。すでに最初の曲は始まっていたけれど、何とか間に合う。
休憩の間に、ナビィちゃんが誕生日プレゼントを持ってきてくれた。なんとまぁ。

富山の人たちも、いつの間にやら体を動かして楽しんでいらっしゃいました。いい時間やった。
帰りにCIBOへも寄れた。


■7/9-10 根上グリーンビーチにて 塩作り体験

4年生の全校親子レクレーション。
幻の釜屋塩を復活させる。これが4年生の総合のテーマであった。地名に残る『釜屋』の文字、踏切やらいろんなところにも『釜屋』という名前。そこから子どもたちは真相に迫り、ついに、この日、名人と一緒に、昔ながらの製法で塩を復活させることができた。

Dsc04450
海水をまき、集めてこしきへ。

Dsc04508
天日干しした砂の上から、また海水をかけると、濃度の高い塩水が出てくる。

Dsc04518
煮詰めていく。

Dsc04531
どんどん煮詰めると、やがて結晶が。結晶が出はじめたら、ひしゃくですくってざるでにがりを落とす。

Dsc04526
持参したおにぎりに、釜屋塩をつけて食べる。極上の美味しさ。

9日に準備と試し炊き。10日に本番。二日間、お日様にあぶられての塩作り。
翌日からの人間ドックで、尿酸値やら血糖値やら、いろいろ問題が出た。どうも、水分不足だったようだ。
気をつけないと。

Sio001
でも、記憶に残る楽しい行事だった。


■7/17-18 愛知 名古屋場所観戦ツアー

一宮の親戚が、砂かぶり席を準備してくれた。
9月に急に容態が悪化して亡くなってしまった叔父からの、最後のプレゼントとなってしまった。

Dsc04612
後援会に入っている人にお願いして、チケットを購入してくれた。

イス席でも十分楽しめるが、この場所は、全然違う。息づかい、ぶつかる音、はき出す声、飛び散る砂、まかれる塩・・・相撲好きにはたまらない。

Img_3440


Img_3452
魁皇

Img_3475
35代 木村庄之助 

翌日は、長久手古戦場へ。
Img_3482
そこに立つだけで、想像の世界が膨らんでいく。
まだまだ、行きたい場所がたくさんあります。


■7/21 桂歌丸 芸歴六十周年記念落語会

桂歌丸、桂文珍、六代目三遊亭円楽などの出演。噺家の言い回しは、本当に素晴らしいと思います。
Utamaruthumb210xauto35
石川テレビより


■7/26 松任谷由実 コンサートツアー2011 Road Show 富山オーバードホール

申し込んだら2日間とも当選してしまって。
せっかくだから。
Img_0324

■7/27 松任谷由実 コンサートツアー2011 Road Show
本多の森ホール

Img_0325
2日間とも行ってしまいました。

Img_0332
噂には聞いていたが、やっぱり。
ユーミンのコンサートを、金沢で聴くのは今回が初めてだった。
アンコールを2回。最後に卒業写真を歌うのが金沢。前日より1曲多かった。
2日間とも楽しめた。贅沢だった。


■7/31 金沢支部学習会

はなゆうゆうでの執行部学習会に、講師として招かれる。東北大震災ボランティアの報告。
組合がある職場の大切さも併せて話しをさせてもらった。若い先生方が、自分たちで調べたことを報告する場面もあって、いろんな意味で参考になった。


■8/6 川北祭り

風の方向もよくて、とても美しい花火をたくさん見せていただきました。
Img_0480
大かがり火

Img_0481
虫送り太鼓乱打

Dsc04808


Dsc04817
2万発の花火
皆さん、今年もぜひいらっしゃい。


■8/7-8 山代大田楽

毎年恒例となった、山代大田楽。
Img_4041

Img_4087

初日は温泉に入ってまったりと見物。2日目は、うさぎさんが関係者席を取ってくれて、間近でみることができた。
うさぎさんの誕生日のお祝いもできて、いい二日間だったな。


■8/18-22 李政美 夏の石川ツアー 5days

2011年も湖南学院からスタートして、もっきりや 称名寺 湯宿さか本と4ステージ。5日間とも、とも子ちゃんが同行して、今回も心に残るツアーとなりました。

■8/18 湖南学院
友人が院長をしていた関係でちょんみさんを呼んでくれたのが前年。友人は異動してしまったけれど、引き継ぎで今年もちょにさんを・・と準備を進めて下さった。
030818
とも子ちゃんのお話と朗読。

040818
今年も、子どもたちは全身で歌声と話しを受け止めていた。

050818

060818
夜の宴会。島やん異常に盛り上がりました。みんな酔っ払いでした。

■8/19 吉野谷~もっきりや
2日目はお昼に、花川で蕎麦。

金沢へ向かう途中、大判焼きを買うためにしばし待ちの時間。
070819
斉藤とも子が、甘党であるという事実が判明!?

080819
もっきりやLIVE

090819
この日もまことに美しく、そして素晴らしい演奏と歌でありました。

■8/20 称名寺 昼 斉藤とも子 お話の会
100820
毎年8月6日に、広島を訪ねている斉藤とも子。
この年は、53年ぶりに8月6日に広島で開催されたプロ野球公式戦のセレモニーで、詩の朗読という大きな役割をされている。

称名寺でお話の会を開くのは、この時で3度目。
毎年こうやって、とも子ちゃんを石川へ招くことができるのも、さよこさんとの不思議なご縁から。
そのご縁は、ちょんみさん、キョンナムさんへと繋がり、さらにすてきな展開に。
この数年間の出来事も、夢のようです。

■8/20 李政美 at 称名寺

8回目のコンサート。今回は初めて、扉が開けられたままでのステージ。
光があふれてくるのを感じた。
120820

140820
本当にたくさんの人が、打ち上げにも残って下さった。
ご住職夫妻には、本当に感謝です。

■8/21 李政美 at 湯宿さか本

190821

170821
とも子ちゃんにとっても、さか本は大切な場所になった。

150821
遠くからも、順平fanがここへ集まってくる。

200821


220821
暴露してやる!!?なんて。
しんちゃんの人柄に惚れて、たくさんの人がここに集まってくる。本当にすてきな人です。大好きです。
さか本の楽しみは、この宴会も。

230821
月ヶ瀬オンニもこの場所へ、また来ると行っておりました。

■8/22 見送り

240822
手違いで、早い飛行機は順平さんだけ。ちょんみさんは午後の便で帰ることになっていたので、順平さんととも子ちゃんを送ることに。

250822
見附島。やっぱり皆さん、絵になります。

順平さんを能登空港へ、とも子ちゃんを金沢駅へ送り届け、今回のツアーも無事終了。
素晴らしい時間をありがとう。来て下さった皆さんありがとう。スタッフの皆さん、本当にありがとう。


■9/18 矢野敏広&盧佳世 ジョイントコンサート

毎年の楽しみ、地区の秋祭りイベント。2011年は矢野さんにお願いしました。
Img_6014

Img_6025

地ビールとバーベキューとコンサート。
地区のみんなが年に一度、老いも若きも集まれるように、これからも楽しい企画を。


■10/7 寿[kotobuki]7 前夜祭

スタッフは当日、いろいろ動いてゆっくり聴けないだろうから・・ということもあって、前日は美味しい食事とLIVEをこぢんまりと楽しみたい。そういう思いで設定したけれど、まぁ、超豪華。

Img_8063

Img_8098

こんなに近いところで、こんな分厚い演奏と歌を聴けるなんて。
心からの感動をいただきました。翌日の本番が、ますます楽しみに。

■10/8 寿[kotobuki]7 スペシャルバンドLIVE

そして当日。

Img_8291


Img_8330


Img_8351
ティアラ・チャンティ金沢のみなさんも、ありがとう。素晴らしかった。楽しかった。

Img_8367
LIVEは、何が起こるか分かりません。伝説のヌーブラ事件となるでしょう。

Img_8519
ナビィちゃんの魅力に、魅了された。

Img_8542
このLIVEがご縁で、典座でのLIVEが決定。
2012年8月11日(土) 珠洲 典座 寿[kotobuki]LIVE

Img_8623
この日の打ち上げも、素晴らしかった。美味しかった。楽しかった。
準備からここまで、それがLIVEです。


■10/15 李政美 寺内町旧杉山家住宅コンサート 大阪

大阪は、だんじりの時期。町中がお祭りの賑わい。
あいにくの雨だったけれど、祭り囃子が遠くにきこえ、それもまた風情があった。

Img_8701

Img_8715

■10/16 李政美 at 月ヶ瀬

2回目の月ヶ瀬。
だんだん暗くなっていく外の風景も併せて、一枚の絵を見ているような感覚。
Img_8847

Img_8911
順平さんも、楽しそうでした。


■11/5 寿[kotobuki]&李政美 ジョイントコンサート 大阪

日程的に難しいかな、と思ったけれど、日帰りで行くことに。
滋賀のなおちゃんと一緒に。笑った笑った旅も楽しかった。
291105

301105


Img_9201


Img_9227

このコンサートは、戦争と女性の人権博物館建設のためのチャリティーコンサート。
日本と韓国との関係も、もっともっと、みんなで考えていけるといいな。


■12/10-12 李政美冬の石川ツアー

人権週間にあわせて、石川で3日間5つのステージ。
ハードな日程を、笑顔で。
本当にありがとう。

1 白山市労働センター
Img_0396
東日本大震災ボランティア報告会と併せて。
ギターがステージぎりぎりまで届かなくてひやひや。しかし、不思議と、大丈夫だという気もしていた。

2 断捨離セミナーハウス

Img_0436

Img_0503

何とも贅沢な。

Img_0520
美味しい料理とと一緒に。

3 小松市民センター

Img_0583
人権週間講演会として、スタッフのきだっちが準備してくれた。

Img_0593
3人の呼吸も、ますますあってきた、そんな感じがする。

Img_0665
この年は3度、石川へ招くことができた。
すごいこと。決して自分一人では不可能。続けてきたことがこうやって実を結び、それがとてもうれしかった。

Img_0797
この日の打ち上げは、うちで。腹の皮がよじれるほど楽しかった。

4 M小学校6年生

ここも、友人のdekoさんが、子どもたちへのプレゼントとして。

5 H小学校 4年生

子どもたちに李政美を、そしてその歌を出会わせたい。
この時間が、何よりうれしい。


■12/24-25 東京 どぅたっちツアー

年々、エスカレートしていくプレミアムチケット・・・!?どぅたっちのLIVEは即日完売。
前日から東京に入り、新大久保で飲んでいると、寿[kotobuki]LIVEの情報が。
すぐに五反田へ移動して、参戦。

Img_1378
思わぬ時間、お客として参加する寿[kotobuki]のLIVEを、思う存分楽しんだ。

Img_1458
どぅたっちのLIVEは、陽子さんの思いもあって、また格別の時間。
とも子ちゃんもレギュラー。

Img_1518

2011年も、素晴らしい年となりました。
こうやって、ふり返ることのできる時間に感謝。

2012/01/08

2011年のふり返り 3 【行きました】 ~ 旅 風景 繋がりの中に身を置いて

2011年も、いろんな場所へ足を運び、また新たな出会い、感動をいただきました。
たくさん考えさせられました。

旅の履歴2011を、一気に公開。


■1/21-24 全国教研 茨城大会参加

国際連帯の教育分科会に、レポーターとして参加。
『ありのままの私~在日コリアンシンガー 李政美との出会いから』のタイトルで書いた報告を県教研で全国教研レポートとして選出していただき、水戸へ。

Dsc02360
第60次教育研究全国集会。
ここでは、子どもの側に立ちきった、子どもの姿が見えるレポートをという大原則のもと、熱い討議が交わされる。こんなに真剣に、子どもたちと向き合っているのか、と言う思いをたくさんいただくことができた。

Dsc02359
全体会会場の、笠松運動公園

Dsc02361
大きな会場は、全国から集まった先生方で埋め尽くされる。

Dsc02371
yamaのレポート
2010年11月に、佐賀唐津で報告させてもらったこのレポートを聞いて下さったことがご縁で、李政美を学校へ招いて下さった出雲の校長先生、高知の委員会の方などがいらっしゃったと聞き、何ともうれしい思いをした。
今回も、どこかで聞きたいと言ってくださる先生が。
広がる思い。

Img_6312
最終日の報告、討議が終わって出発までの2時間で、食事の時間を削って偕楽園へ。
梅はほころび始めたところだったが、美しい。

Img_6363
駆け足で、園内を巡る。

Img_6388
穏やかな時間が流れている、美しい風景と建物だった。


■2/5-6 東京 寿[kotobuki]旧正月LIVEツアー

恒例の旧正月LIVEに参加のため、東京へ。
ついでにいろいろ巡る楽しみ。

Dsc02468
江戸東京博物館にて。

Dsc02493
初めて、ディズニーシーなる場所へ。
ディズニーランドは、20年前にユーロディズニー(現在のディズニーランド・パリ)へ行ったきり。
久しぶりの、すごい世界だった。
ぬいぐるみだいている人がたくさんいて、面白かった。
スタッフのテンションの高さもステキでした。がんばってますな~。
たまにはこういう場所もいいかな。


■2/11-12 健康教育部 冬の合宿

学校のメンバーで、瀬女にあるかんぽの郷へ。
若者はスキーへ。そうじゃない!?人は蕎麦を食べてから宿へ。

Dsc02570
かんぽの郷 白山尾口
コテージに泊まった。なかなか魅力的だった。


■2/12 子どもたちの同窓会に招かれた

yamaが正式に教員となって赴任した、福岡小学校。初めて5・6年生を持ち上がりし、卒業を迎えた子どもたちが、同窓会を開いて招いてくれた。
卒業間近の1月、湾岸戦争が勃発し、テレビで生中継。教室で子どもたちとその映像を見たことを、今でも覚えている。何度挑戦しても弾けるようにならなかったギターを学校へ持っていき、子どもたちの前で、一緒に覚えようと弾いた曲が『イマジン』だった。
戦意を萎えさせるという理由で、放送禁止となったこの曲。歌ってはいけない歌などあるはずがない。そういう思いで子どもたちと一緒に歌った。送る会にも、みんなの前で歌った。

おかげで、今、子どもたちが歌う程度の伴奏ならできるようになった。
うまくなってから子どもたちと一緒に・・・じゃ、うまくならないんだなって教わった。
できなくてもいいからやってみる。その姿を子どもたちは覚えていてくれる。そして、できるようになっていく。

10年ほどして遊びに来た子が、ギターを弾けるようになっていた。影響を受けたのだという。
全く弾けないyamaのギターで、そういうことを言ってくれる子達である。
Dsc02620

何人も、うちへ遊びに来てくれているが、こんなに大勢で集まったのは初めて。

めぐちゃんが一声かけてくれたおかげで、こんなにたくさん集まってくれた。石川からだけではない、東京や大阪から、このためだけに帰ってきてくれたらしい。
Dsc02621

もうすぐ、この子達の子どもと一緒に学ぶ時が来そうである。
その時のために、いつまでも輝きを失わせない自分でいたい。

また一緒に集まろうな。
うちにも遊びにおいで。


■3/12-13 三国温泉 民宿ちひろ

Dsc02786
年に一度の楽しみだったのに・・・。当日の朝から大変なことに。
熱を押して行ったけど、さすがにカニは、ほとんど食べられなかった。
でも、この温泉のおかげか、朝にはすっきり。

今年は、体調整えて、しっかり楽しみたい。すでに予約済み。

ちひろ
冬のシーズン、休前日や土曜日は1年前から予約で埋まっています。
予約は半年前から。一度とまった人だけ、1年前の予約ができるシステム。
カニの美味しさは、保障します。別物です。特に、カニ味噌のしゃぶしゃぶ。
温泉も、貸し切り風呂が3つ。海を見ながら最高の時間です。


■3/27 母親の一周忌 愛知尾張一宮

Img_9251
普通のお墓はいやだ、と言っていた母親の言葉。洋風でも和風でもない、この一文字だけの刻印。ああそうか、そうだな・・・と、何だか納得。曹洞宗のお経も新鮮な感じだった。母親の一周忌もつつがなく。葬式もお墓もすべて、生きている間に自分で手続きを済ませていた。
生き様から、教わることがある。


■5/1-10 岩手大船渡 ボランティア

連合ボランティアとして、大船渡市へ。
語り尽くせない、見たこと聞いたこと感じたこと。

いつまでも忘れずに、子どもたちに、そして周りの人たちに伝えていきたい。
Iwate060
毎日渡される、ボランティアの印、ワッペン。

Iwate091
真っ赤なポルシェに、道路標識が飛び込んでいた。

Iwate389
ボランティアに入ったお宅の、ケリー。1時間半、津波を泳ぎ切って助かった。

東北大震災ボランティア 岩手大船渡市
ここに、8日間の詳細が。


■8/10-13 夏のソウルツアー

8人の団体となって、わいわい楽しいツアーだった。行くところ食べるところ、みんながとても喜んでくれて。家族も楽しいが、こういう、友人達との旅もまた楽しい物である。
Dsc04942
半跏思惟像
ソウル国立中央博物館

Dsc05005
韓国刺繍博物館

Img_0554
ソウルへ行くといつも、この楽器屋さんへ寄る。

Img_4269
今回のショーは、ドラムキャット。毎回、そのパフォーマンスに驚かされる。

Img_4369
公開された、光化門の下で。

Img_4373
新しく完成した、光化門。

Dsc05027
最終日には、西川パパとカジノへ行ってみた。別世界だった。みていただけだけど、楽しめた。

いつ行っても、エネルギッシュで楽しくて美味しい場所である。


■甲子園 金沢高校の応援

久しぶりに、夏の甲子園観戦。
Dsc05067

むちゃくちゃ熱かった。試合も白熱した。
焼き鳥とかちわりがうまかった。


■8/26 能美市教職員夏季研修 能美市博物館

Img_0440
能美市は、ウルトラマンの町だそうである。
脚本家の佐々木守が西任田(旧根上町)出身。
ウルトラマンや知ってるつもりなど、数多くの作品を手がけていて、その脚本がずらりと。
写真撮影、OKをいただいて。




■11/19-20 橋立・越前ツアー

橋立のカニを食べ、2日目は、武生で包丁作り。
その後、一乗谷を見学。何にも無くてすてき。
Img_9754
桜のころは、とても美しいのだろうな。




■11/25-28 鹿児島 全国人権・同和教育研究大会

飛行機で福岡へ。そして九州新幹線で鹿児島へ。快適な旅だった。

Img_9841
桜島

Dsc06130
西郷窟
西南戦争の、最後の司令室となった場所。

Img_1225
開聞岳
これもまた、海に浮かんでいるよう。

Img_9973
知覧 特攻記念館

Img_9979
冨屋食堂
特攻隊の少年達を世話し、見送ったと言われる。
映画、ホタルにくわしい。

Dsc06165
安くて心地よくて。
コテージになった部屋。不感泉といわれる温泉。
また泊まりたい宿。
いやされの宿 田舎や


■12/3-4 スマッシュ会 銭がめ

毎年12月、地区の夫婦で飲んで食べて話す企画。今年は金沢の奥座敷、銭がめ

Img_0332


Img_1261
ちょっとぬるめで、ずっと入っていられるような気さえするかけ流しの温泉。
ボタン鍋も美味しかったな。


この年も、いろんなところへ出かけました。
また年末に、こうやってふりかえることができますように。
いろんなところへ、出かけたいな。

2011/01/04

2010年のふり返り 4 【みました】 ~ LIVE&講演会 展覧会 感動との出会い

たくさんの出会いと感動。

李政美を通じて広がった世界。2010年もますます広がり深まり、繋がっていきました。
どこかでご一緒しましたね。




1月

■1/5 韓国 SA.CHOOM(サチュム)
39155424_1087103435


39155424_3692662997

ストーリーは単純。
ダンスが素晴らしく、そして表情が素敵。
写真もビデオもOK、マナーモードにしなくてもいいよ!
そういうアナウンスから、もうすでに笑いが起きてくる。
観客とステージが一体となって、みんなで楽しもうという、そういう雰囲気にあふれる躍動感いっぱいのショー。あっという間の1時間半だった。本当に楽しかった。


■1/9 きときとバハマ おうち新年会
43088953_1542715624
11月の寿[kotobuki]の時に知り合った、きときとバハマのお二人が駆けつけてくれて、もちろん最後はミニLIVEです。
オリオンビールの歌 空を飛べたなら
宴会の定番となってしまいそうです。

43088953_1170134974
思わず、口ずさんでしまいます。
コケーッ
オリジナルの曲も、すてきです。


■1/31 オーシャンズ 【映画】
環境の話。説教くさい感じは??なところもあるが、泳ぐ魚を前から捕らえた映像とか、いろいろすばらしい。


2月

■2/14
寿[kotobuki] 旧正月LIVE

Img_1074

Img_1119

楽しかった
笑った
ゆるんだ
ぶっとんだ

相変わらずのパワフルなステージ

旧正月LIVE 2010 デジブック

■2/19 きときとバハマ
43088953_2661632885
音響をセッティングするが、思ったように音が出ない。
ということで、持ってきた自前の音響をすぐにセッティング。
リハの間に、使われていなかった照明をいじくって、本番はこれを使ってやることに。本格的なLIVEの雰囲気になりました。

7時からきときとバハマのコンサート。
子どもたちも大人も、ほっこり楽しんでました。二人の笑顔もとってもすてきでした。
終わって撤収。
その後近くの家で打ち上げ。ホルモン鉄道のお話も聞けて、盛り上がりました。


3月 ■3/12 さよならコンサート

6年生の先生方を中心に、卒業生に関わった先生や歌の好きな先生が集まってコンサートを開きます。

こんな時、普段では気づかないいろんな才能が発揮されて、かなりおもしろい時間。
ギター3本、ベース、ドラム、ピアノ、キーボード、シャカシャカ・・・。バンドのボーカルやっていた子もいるので、本格的なLIVEの様相になってます。

成績作業まっただ中だけど、短い時間だけどこうやって集まって「違うこと」をすることで、とってもリフレッシュできるんだなぁ。すごく楽しい。
音がたくさんあってボーカルがうもれちゃうので、音響も入れることに。ってことで、なおさらLIVEな感じに。

曲は
◆『ありのままの私』李政美・・・11月に6年生対象のコンサートで歌ってもらった。
◆『トレイントレイン』ブルーハーツ・・・マラソン旬間にも流れている。
◆『星つむぎの歌』平原綾香・・・卒業式の退場曲。去年もこのコンサートで演奏。

どの曲も、最高です。
終わってまた仕事に戻ると、それぞれの先生が「あ~、頭の中にありのままの私が流れてる~」とか、知らず知らず口ずさんでいたりとか・・・。


■3/20 大相撲 春場所 大阪
Img_2535


ベティのマヨネーズ 大阪
Img_2587
プロフェッショナルです。人をもてなす、楽しませる、話題豊富で飽きません。
何度行っても、満足。ベティママ、すごいです。

所在地 大阪市中央区東心斎橋2-3-22玉八ビル1F-B
エリア 心斎橋
電話番号 06-6212-5210
営業時間 18:30~25:30
交 通 地下鉄千日前線・堺筋線「日本橋駅」より徒歩5分
定休日 月曜日

ベティのマヨネーズ

■3/21 阿波踊り
Img_2646
何度見ても、素晴らしいです。お盆にまた来たいなぁ。




4月
■4/24-25
谷川健作 続木力 小室等 こむろゆい

4/24 西圓寺
谷川健作 続木力 小室等 こむろゆい 4人のコンサート。
写真とビデオを頼まれていたけれど、突然、ビデオが動かなくなる。
HDのビデオカメラ購入計画を考えたとたんの出来事ですから。ねぇ。

43088953_2772083182
小室さん、ほんとうにいいステージです。
余分な力が抜けて、メリハリが利いて、心地よい。

4/25 称名寺
48325032_3111467084
昼、小室さん 谷川さんのイベントのお手伝い。
かわいいおじさん達です。


3時半終了。後片付けをし、みなさんに挨拶をして4時過ぎに高岡へ向かう。
48325032_3725993981
趙博newアルバム発売記念LIVE。
20分ほど遅れて入ったのに、一番前に新しくイスを置いてその場所へ導かれる。かぶりつきで見ることに。
パギやんは、やっぱりLIVEです。




5月
■5/3 輝け9条! 許すな改憲!  県民集会 松元ヒロ
Img_6096
2010年5月18日に施行される、国民投票法。
教育基本法を改悪したのと同じ、安倍晋三内閣が決めたもの。この内閣、短命だったのに、今の世の中をおかしくするための法律をたくさん決めてさよならしてます。それが使命だったの?というくらい。
教員免許法も、この人の時でした。

今の憲法は、現実にそぐわない・・・とのことで、この国民投票法を制定していかれましたが、そのあたりを松元さんがぐさりと。


普通、理想を目指して現実をそこへ高めていく物でしょ?
現実にそぐわないと言って、理想をそこまで落とす物なのですか???

ハッとした。

法律は人を縛る物です。
憲法は国を縛る物です。

国家犯罪を防ぐためにも、日本国憲法は、とても大切な物。
9条だけでなく、103条からなる条文、そして、それを、どういう思いで私たち日本国民が抱いたのかという、その理念までも、思い起こしてくれる講演だった。

もう一度、きちんと日本国憲法を読まないといけないなと、心からそう思える、心揺すぶられる内容だったよ。


松元ヒロさん、最後に「姓は日本国 名は憲法、けんちゃんとよんでください」と言って現れた。
Img_6108

リストラの危機?といいながら、戦後63年目の今の状況を笑いの中に表現し、そして、憲法前文をを、心を込めて暗唱することで締めくくられた。

何度も読んでいた文章なのに、彼が朗々と語る言葉を聞いて、なぜか涙がこみ上げてくるような感動におそわれた。

詳細 & 日本国憲法前文 mixi日記

■5/8-9 寿[kotobuki] 石川ぶらりツアー

5/8 LIVE at コッコロ
Img_6521
ORIONのmcにぐっと来た。


5/9  LIVE at あも
Img_6983
光差し込むLIVEもすばらしい。


2010年5月 寿[kotobuki]LIVEツアー

このツアーが素晴らしかった証に、11月、全く同じ場所で2つのLIVEが再現。
寿[kotobuki]の石川は、この場所となりつつある。


■5/23 春との旅 【映画】
1494933628_123
李政美のLIVE、順平さんのコーナーで、何度となく名前の出てきた小林政広監督の作品。石川で2館(ユナイテッドシネマ金沢 シネマサンシャインかほく)のみの上映ではあるが、全国ロードショー。今年度ナンバーワンの呼び声も高い映画とのことだった。

内容はともかく、李政美のスキャットが流れるということが一番の理由!?で・・・見てくることにしたのだが。
観終わってしばらくたってから、じわじわと感動がよみがえってきている。

春との旅
mixi日記




6月

■6/6 ホルモン鉄道 at 二兎
きときとバハマさんの繋がりから、二兎でホルモン鉄道のLIVEが実現。
2156830_5633821_155large
50歳の誕生日、サプライズもあって、感動。

打ち上げに歌ってくれた、いまずんがすばらしかった。
mixi日記
いまずん youTUBE
みんなひとつの なかまやちゃ


■6/26 「アウトレージ」 【映画】
6月末日までのポイントカード。映画を5本観たら1本無料。100円を出して買ったのはいいが、なかなか5本観る時間がとれず、この日になっていた。後2本、なんとか。ということで、急遽映画を見に行く。
何を観ようか迷ったが、「アウトレージ」にした。
ううむ。凄まじかった。お薦め・・・できません。自己責任で!?どうぞ。
ほんと、こんな世界なんかな。


■6/27 「告白」 【映画】
2日続けて、重たい映画だった。
後味さわやかな映画の方が、いいなぁ。
blog日記へ


7月

■7/8 朴保 LIVE at もっきりや
2156830_113451243_46large
本当に素晴らしいLIVEだった。
熱く柔らかく強く。
激しいのに優しい、彼のほとばしる思い。
もっともっと、沢山の人に、彼の歌声を届けたい。
もっきりやの平賀さんも、同じようなことを言っていた。

峠 朴保 youTUBE


■7/10
はるまきちまき at 川北小

Img_1761
新曲 チッチとお花 花は花のために咲く が とても心地よかった。
7時開場。クラスの子どもたちが保護者と一緒に聴きに来てくれた。いつもの仲間もみんな顔を出してくれてうれしいね。
7時頃、ひらっぺも到着。よくきたね。
7時半から8時45分まで、1時間ちょっとのコンサート。
みんな笑顔で、ホッコリとした時間を過ごせた。
子どもたちに聞いてもらえるのが、何よりうれしい。
知ってる曲の時には、顔を見合わせて喜んでいた。

終わって家でいつもの仲間と宴会。いや~~~、最高に盛り上がった。
腹がよじれた。

ミーヤキャッツ誕生!
だれがキセル 一番似合うかコンテスト!
Img_1851
ミーヤキャッツ、さよこ女将にキセルで怒られる!




8月
■8/10 韓国 Fanta stick
2156830_497986584_57large
演奏、ダンス、パフォーマンスが素晴らしい。途中、ドタバタ喜劇もあっていろいろ楽しめる。みんな、本当に一生懸命でいいなぁ。


■8/18 辛淑玉
2156830_565299057_62large
辛淑玉さんの講演会。朝、ホテルまで来るまで迎えに行く。前日の弱々しさとはうって変わり、きりっとした本当に美しくかっこいい姿。
パソコンに映し出された沢山の「顔」から、テーマに沿ったお話を。すべては聞く時間がないので、会場からの声で選んだ人について、そこから繋がる差別や人権問題について、鋭い切り口で話が進む。
最初の一枚は、yamaが選んだ「寅さん」
国民的映画「男はつらいよ」。これはその当時の葛飾を丁寧に描いた素晴らしい映画だが、ここには描かれていないものが2つある。それは何? と言うような展開。
深く考えさせられる、いろいろなことに気づかされたお話の数々だった。


■8/18 県同教
ありのままの私~李政美との出会いから 社会教育分科会にて報告
李政美と出会ってからの10年間、様々な人・物・事柄との出会いの中で気づかされたこと、そして子どもたちとの学びについて報告させてもらった。

聴きに来て下さった先輩の先生からの言葉や、共同研究者の方の話、そして寺越さんの言葉・・・。かけて下さった言葉の数々に、改めて気づかされたり心を揺すぶられたり。

終わった後、一人の人が李政美の歌を聞きたいともっきりやのチケットをその場で買ってくださっていた。
後から読ませてもらった感想の中にも、「李政美を呼んで欲しい、歌を聞いてみたい」というものが沢山あって、何よりうれしいことだった。


■8/19-22 李政美
忘れられないツアーとなった、2010年石川。
初日に訪ねた少年院の生徒たちとの出会い。その思いが、このツアー中、ずっと李政美を包み込んでいたのを感じた。

★8/19 金沢 少年院
2156830_565463556_128large
1曲目
あなたが笑っていると
あなたがいま、生きているただそれだけで・・・
わたしはとても幸せなんです

この言葉あたりから、唇をかみしめながら聞く子どもたちの姿がみられました。

子どもたちの目は、本当に純粋でした。
純粋で、でも自分を守るために虚勢を張り、自分を傷つけ、そしてこの場所で過ごすことになった彼らの心に、染みいるように入っていくのを感じました。

3曲目 ありのままの私
この曲では、何人もの子が、目を真っ赤にし、こらえきれずに流れる涙をぬぐい・・・。
yamaも、18日の報告の後だったこと、そして子どもたちの思いを感じてしまったこともあって、こらえきれずに涙を落としてしまいました。
どれだけの温もりが、子どもたちの心の中に染みこんでいったことだろう。

歌が終わって30分ほど、みんなで輪になって座り座談会。
質問をちょんみさんと順平さんが受け答え。
歌を歌うようになったきっかけ、歌っている時の思い、ギタリストになったのは・・・といった具体的な話で、それに丁寧に、お二人は答えていました。

あなたがいま、生きているただそれだけで 詳細はこちらで


★8/20 金沢 もっきりや
2156830_562074447_240large

この場所にちょうどいい人数。
いつもの顔、初めての人、集ってくださったみなさんと李政美の歌を聴ける幸せ。


★8/21 小松 称名寺

10:30 斉藤とも子お話の会
2156830_562074412_146large

さよこさんとの出会い。
父と暮らせば・・・原爆をもとにしたストーリー。被爆者との出会い。
被爆者から被爆者への、鎮魂と祈りの詩。
本当に誠実な人柄、心を打たれる話
多くの人が、目を潤ませながら話に聞き入っていた。


18:30 李政美コンサート

2156830_562074362_39large
この場所の李政美は、この場所でしか感じられない「思い」がある。
もちろん、それはyamaの勝手な想像でしかないのかもしれないが、もっきりやとも、さか本とも違う、この場所の李政美。それが、この場所で7回も彼女が歌っている理由なのだろうと思っている。


2156830_562074343_186large
『春との旅』を朗読する斉藤とも子
リハーサルとは全く別人。プロフェッショナル。その場に、風景が浮かんできた。気持ちが揺すぶられた。

称名寺ご住職のblog
うとき 鳥兎記


★8/22 珠洲 湯宿さか本
夏のステージ、ここも欠かせない場所となりました。
スペシャルゲストを迎えての、極上のステージ。

17:00 開演
菜の花 侘助2人の演奏の後、李政美のステージ。
魂が持って行かれるようなパク・ウォンの演奏。何という激しさ。
2156830_562074089_102large

ちょんみさんとのコラボレーションも、かっこよかった。
なんて贅沢なLIVEだったんだろう。
打ち上げも最高だった。
mixi日記


9月 ■9/16 辛淑玉 男らしさ 女らしさ に関する講演会 金沢東別院・真宗会館ホール Dsc01176

小松の真宗会館で聴いたお話。そことにているところもあった。
男と女、それぞれが互いを尊重し合う関係。まだまだそこまでには至っていません。


■9/19 Dr.ZUMA
地区の秋祭り イベント。マジックショー。
Dsc01193

目の前で繰り広げられる不思議な世界。堪能しました。


■9/20 李政美コンサート 長野
運動会の日程次第・・ではあったが、無事予定通り運動会が実施され、連休を使って長野へ。

銀幕への旅 李政美 at 長野しなのきツアー
2156830_622366598_226large
映画『春との旅』とのコラボレーション企画
李政美&佐久間順平ジョイントコンサート「銀幕への旅」
ちょんみさんや順平さんが関わった映画音楽、それから、大好きな映画音楽を中心に構成されたスペシャルステージだった。


10月 ■10/9 古謝美佐子 白峰 行勘寺 雨の中、150人ほどのお客さん。ここのコンサートは、ここだけの味わい。他とは違う雰囲気だそうです。 yamaは今年で多分、10回目。毎年秋の楽しみです。 黒い雨を歌うときのmcが毎回心を打ちます。


■10/16 高遠菜穗子

イラクで拘束され、「自己責任」とその時の首相がいいやがった、3人のうちの一人。国民を守るのが国家としての最大の仕事というのを、公に放棄した、あのとき、たくさんの人が気づきましたね。
「オキナワって、米軍基地の名前かと思った。」 「戦争放棄しても、戦争サポートはいいんだね」
重みのある言葉です。
2156830_806906656_197large
「オキナワの人たちも、米軍に苦しんでいるなんて驚きだ。」
本当に、知ることから始まります。

大事なことは知らされていないと言うこと。
国にとって不都合なことは、隠されると言うこと。
情報操作で、世論が作り上げられていくと言うこと。
そういう恐ろしさを、実感として感じさせてもらえた講演会だった。

■10/23 県教研 珠洲
「ありのままの私~李政美との出会いから2」
昨年、李政美が浜小学校で歌ってくれたこと、そしてそのことから変容していく子どもの姿を報告させてもらった。資料として昨年のレポートも添えた。

10年間という時間の積み上げ、自分の学びと子どもたちの学び、気づき。続けていくということに対して、いろいろな言葉をいただいた。


李政美を子どもたちのところへ届けると言うこと。
そこから先は、子どもたちの持つ力で。
いろいろなレポートを元に話し合う中で、現状がいろいろ見えてきた。初めて聞く話も多かった。パスポートの話、日本という『ブランド』を使うこと・・・。

真の国際化ってどういうことか、また考えさせられましたわ。


ありのままの私~李政美との出会いから 2


■10/24
アンジェラ・アキ 富山オーバード・ホール

オーバードホール、素晴らしかった。
ピアノ弾き語り そしてバンド。2つのステージ。すごい。


11月 ■11/6-7 李政美コンサート 京都・奈良 正倉院展とあわせて、ちょんみさんのLIVE。 ここもまた、ここだけの世界観。

★11/6 京丹波 質美振興センター
2156830_854227796_85large
初めての人が多かったかな。
素朴な山間の農村、そんな雰囲気。いただいたおにぎりの美味しかったこと。


★11/7 奈良大倭
2156830_854228186_52large
この場所が、山尾三省さんと出会うきっかけとなったということをLIVEの中で聞く。その話の後に歌った『祈り』は、また格別だった。
ピアノとバイオリンで聴く、ありがとういのちも素敵だった。


■11/15 斉藤とも子
■日本子守唄紀行 親学を考える ~ 子守唄から親守唄まで ~
2156830_860760119_113large
言葉、感覚、ひととして成長するときに、とても大切なことを親から学んでいることを、丁寧に伝えてくれる会でした。


■11/26-28 寿[kotobuki]ツアー
加賀市東和中人権コンサートでの来県。せっかくなので、5月と同じく、コッコロ、そしてあもさんでのLIVE。
ああ、楽しかった。

★11/26 東和中
2156830_891461040_191large

人権コンサート・・・ということもあって、普段よりmcは長め。
子どもたちの心に・・いろんな物がしみ込んでいった。
特に、オリオンの時の反応がよかったな。


★11/27 コッコロ
2156830_891019955_83large
コッコロでのLIVEは3回目。いつも笑顔で迎えてくれるままとスタッフの皆さん。本当に心地のよい店です。
LIVEは今回も素晴らしかった。
石川入りの前日、ナビィちゃんとの電話でいろいろ話を聞いていたこともあって、今回のツアーは、また新たなステージとなることを実感していた。


★11/28 あも
2156830_891445522_138large
光あふれる店内に響く、ナビィの声とにぃにぃのギター、そして三線。
一つの山を乗り越えた、ナビィの歌声に力を感じる。 本当に素晴らしかった。
次第に暮れていく外の風景。イルミネーションが輝き出す。
素晴らしいLIVEに立ち会えたことが幸せです。

mixi日記




12月
■12/10 李政美コンサート 金沢教育会館
Img_3326
きんちゃんと2人のステージ。ありがとういのちが圧巻でした。


ありがとういのちデジブック

■12/12 宇宙戦艦ヤマト ~ 実写版映画SPACE BATTLESHIP ヤマト 【映画】
2156830_898509675_248large
そのテーマやちょっとくさい演技はどーかと思う部分もあるけれど、そんな内容に関係なく、感動した。
中学校・高校時代に夢中になっていた自分を思い出した。

■12/12 福島みずほ
Img_3438

金沢で、福島さんの講演会。パワフル。
佐高信さんの話もよかった。

■12/22 はるまきちまき
昼は寺井地区児童館。夜はyamaんちでのLIVE。
Img_3776

こんな時期だから、学校関係者の友人たちには声はかけづらい。しかも、忘年会のところも多い。10人くらい集まればいいかな・・・と思っていたのだが、なんとまぁ、40名もの人たちが駆けつけてくれて、リビングは人であふれた。でも、それがまた、何ともいえない雰囲気で、本当に楽しい時間だった。

クラスの子どもたちも15人も来てくれた。

mixi日記


■12/25 李政美 どぅたっち
2156830_937800394_189large
12月25日(土) 東京駒込どぅたっちでの李政美忘年会。 本当に楽しい時間でした。
2日間で予約がいっぱいになるという、恐るべし年末恒例イベント。
みんなが一緒に楽しむ時間、っていうのがとてもいいなぁ。

どぅたっち、今年も行ってきました。

■12/27 相棒 劇場版II【映画】
作り込まれたストーリー。最後まで飽きさせない展開はさすがです。

web

この年も、本当にいろんな所へ行ったなぁ。
2011年も、たくさん行けるといいな。
またご一緒しましょうね。

2010/01/11

2009年のふり返り 2 【行きました】~旅 出会い

同じ場所にいるだけじゃ、見えていても気づけないことがある

自分自身の感性を磨くために、
そして自分自身を見つめるために

いろんな風景や人と出会うために
そしてその土地でしか味わえないものをいただくために

毎年、いろんな場所へ出かけている


なんちゃって・・・

2009年も、たくさんの場所で
たくさんの出会いをいただきました


2009年 旅の記録です

Img_9569■1/17-18 東京
東京ドームの国際キルト展Moo Moo Live 2009にあわせて、東京へ。
寝台特急北陸での旅。

この寝台特急北陸、
2010年3月で廃止が決まったというニュースを聞いて愕然。
同じ時間帯で走っている急行能登も廃止とのこと。
夜遅くに東京から帰るには、
この方法しかない(バスは腰が持たない)ので、
よく利用させてもらっていたのに。
2つの列車が同時に消えるなんて、納得できない。

でもよく聞くと、週末は運行の予定らしい。
いつどうなるかわからないので、
今のうちに、みなさんしっかりと目に焼き付けておきましょう。

そして、廃止にならないよう、せっせと利用しましょうね。

ドームでキルト展を見、
中野で矢野さんや盧佳世さん達のLIVEを楽しんだ後、浅草へ移動。
Img_9891ラビィサリのうさぎさんの家で、
お手製のタイ料理をいただく。
お泊まりもさせていただきました。
朝食の干物も絶品でした。ありがと~~。

2日目
岡本太郎記念館
ナビィちゃんと会い、新宿中村屋で昼食。

2日間で、矢野さん、盧佳世さん(4年ぶり)、
ひで爺。さん、黄さん、みやさん、うさぎさん、
ナビィちゃん・・・たくさんの人と会えました。

いろんな人からまた、たっぷりの刺激をいただいて。


■1/31-2/1 東京
寿[kotobuki]旧正月LIVEツアー
浅草のホテルに荷物を置き、九段下斑鳩でラーメン。
渋谷・bunkamura
ピカソとクレーの時代を見る。

夜は新大久保・寿[kotobuki]旧正月スペシャル

終わった後、生マッコリ家
東京へ行ったら、マッシッタ!とんがらし(ちょんみさんのお姉さんのお店)にも行かんなんし、ここの生マッコリも飲まんなんし、大変や。

2日目
NTT ICCで開催中の「ライトinサイト」を見る。
ひかりの世界でいろいろ楽しめた。
人間の、気づかずに持っている力というものを感じることができた。

高田馬場俺の空でつけ麺。
上野うさぎやでどらやきを買って、石川へ。


Img_1923■2/15 氷見高澤酒造の蔵開き
盧佳世さん矢野敏広さんとともに。
矢野さんソロLIVE、盧佳世1stコンサート(yamaんち)翌日、なんと蔵開き。
事前に連絡したら、矢野さん予定変更してどうしても行きたいということに。

高澤さんは、ちょんみさんのコンサートにお酒の差し入れをしてくださったり、
いろいろなご縁をいただいている蔵です。
今回も、温かく出迎えてくださいました。


Img_3742■3/20-22 ソウル2泊3日 6年担任の卒業旅行
4月に担任が決まったとき、積み立てをして3月にソウルへ行こう!と言っていたのが実現。
短く慌ただしい旅だったけれど、それでも十分満喫。
楽器店巡り、尹奉吉(ユンボンギル祈念館、
広蔵市場、そしていつもの美味しいお店。

この年は、結局この1回だけだった。海外旅行。


■4/24-26 東京
はるまきちまき 寿[kotobuki] 2days観戦ツアー
どぅたっちで2日間連続のLIVE。初日はちまきちゃん、2日目は寿[kotobuki]。
こりゃ行かんなん、ということで行ったついでにいろいろ回りました。

上野・国立博物館で阿修羅展
ラーメン天神下 大喜でラーメンを食べ、上野・うさぎやでどら焼きを食べ(作りたてほかほかうまい)、
アメ横で買い物。ジャージなどを購入。

どぅたっちではるまきちまきLIVEを見た後、新大久保「生マッコリ家」で生マッコリ。

2日目
登戸で下宿してる姪を訪ね、昼に桜木町へ。
驛(うまや)の食卓盧佳世さんのコンサート。正式なコンサートを見るのは、今回が初めてだった。
こもれびさんともはじめましてのご挨拶。
この後、何度も会うことになろうとは・・・。
矢野さん、佳世さんに挨拶をして、
16時過ぎ、店を後にする。

すぐにJRで駒込へ。
桜木町~田町~駒込。1時間弱で到着。
開場時間の17:30きっかりにどぅたっちへ到着。
寿[kotobuki]LIVE at どぅたっち
LIVEを楽しむことと、6月のコンサートの打ち合わせをすることの2つの目的でした。
10時ごろにどぅたっちを後にして上野へ。
11時発 寝台特急北陸で石川へ帰りました。

29642386_442840166■5/2-3 京都・大阪朴保ツアー
四条河原町のかねよでうなぎを食べてから、
京都国立博物館妙心寺展を見る。神泉苑のツツジの花も美しかった。
赤垣屋で軽く食事。朴保LIVEを見た後、かんほさんの家に宿泊。

2日目
大阪中之島 東洋陶磁美術館
東三国・タコたこでなんくる親子と会ってプチ宴会。
新世界・串カツの横綱で大阪の味を楽しみ、生野へ。
朴保LIVEを見て、スタッフと打ち上げ。
急行北国で小松へ向かうが、また乗り過ごしてしまう。
何度同じ失敗を繰り返してしまうのやら。
小松駅には、全くアナウンスなしでとまるから気づかない。
次こそ・・・。

Img_7626■5/28-29 修学旅行 能登方面1泊2日
修学旅行は本当に楽しい。
自分が小学校6年生だったときに、初めて行った能登の風景が忘れられない。
見附島が美しかった。
窓岩が大きかった。

石川に住みながら、能登へはなかなか行くことがないって言う人も多い。
同僚の先生が、6年担任なった今年度初めて能都へ行くのだと言っていた。
小松の小学校は修学旅行がない。
合宿を修学旅行の代わりとしている。

文化の違いを感じることで、自分たちの住んでいる場所のことを見つめられるようになるだろう。
今回も、とっても楽しかった。


■6/2-3 富山人間ドック
一年一度のメンテナンス。

■7/10-12 東京
恵比寿・東京都写真美術館でBASURA(バスーラ)
久しぶりにラーメン山頭火。
Img_2192竹橋 国立近代美術館でゴーギャン展
東京ドームでサイモン&ガーファンクル
新大久保 生マッコリ家寿[kotobuki]&COCORO*COと宴会
ラバ・・の繰り返しに笑いがとまらない。
2日目
千葉・佐倉の国立歴史博物館
東京駅一番街 むつみ屋のラーメン
東京駅でMIKIちゃんと会って話す。

わざわざ集まってくれるみんなの気持ちがうれしい。


Img_2247■7/18-19 大相撲名古屋場所 愛知県体育館
岐阜の市野さんが、名古屋まで会いに来てくれる。
手羽先屋で宴会。
2日目
ひつまぶしを食べ、leafさんの顔を見て帰る。


Img_0557■8/10-11 珠洲湯宿さか本
李政美とともに
李政美ツアーで、ここも欠かせない場所になってきました。
のんびりと過ごす一日の、なんと心地よかったことか。

こもれびさんやひで爺。さん、
みやさん、だんしゃりさんなどとも
ゆっくりとお話できました。
また今年もぜひ。


Img_1202■8/17 日帰り大阪・甲子園
鼻血がでそうなくらい、ものすごく熱い一日だった。
思い立って、日帰り甲子園の旅へ。

まずは東三国 たこたこで宴会。
甲子園で、2試合楽しむ。
セーフティリードなんてありません。
流れが一気に変わったり、
あっという間に点差が開いたり、
ドラマが繰り広げられます。

やっぱ夏は甲子園です。
外野席は無料ですから。

第4試合は花巻東
菊池が出てくるのはわかっていたが
時間の関係で、残念ながら3試合目の途中で帰った。
でも、十分楽しかった。

また行かんなん。


Img_3705■9/23-24 新平湯温泉 饗家
***************
ゆっくりと愉しめる4つの貸切露天風呂
露天付き貸切風呂(陶、岩、檜、宝)は全て無料で入浴可能。掛け流しの湯を是非ともご堪能ください。わずか一日五組のお客様に対して4つもある貸切露天風呂付風呂は、それぞれお風呂に内風呂と露天風呂がついたゆったりとした造りになっており、どれも無料で何度でもご利用いただけます。
***************
まさに、その通りでした。
本館に2つ、別館に2つ。
特に、別館の2つはすばらしかった。
のんびりくつろげます。
料理のうまさと併せて、おすすめです。

2日目は高山でラーメン。


■10/24-25 奈良月ヶ瀬&大阪李政美ツアー
何度もLIVEが開かれる
そんな場所が、李政美はいくつかあって
そこでしか聴けない、見られない
李政美の世界がある

ワンコリアと併せて1泊2日のツアーを。

Img_5340
1日目
伊賀松尾芭蕉記念館
道路を走っていると、伊賀とか甲賀とか、
忍者になったような気分で盛り上がった。

柳生の里とかもあった。
狸の置物もたくさん並んでいて
かなり楽しめた。
次回は降りて、ゆっくり見てみたい。

月ヶ瀬で温泉。
そしてLIVEと宴会。

Img_5643知ってる顔がたくさん並んでいて
それがまた楽しいのでした。

2日目
奈良 国立博物館正倉院展

いつ来ても、大変な行列。
駐車場に止めるのも大変です。

いちづで昼食を取り、大阪へ。
ワンコリアフェスティバル
大阪城公園

途中から雨が降って大変だったけど
それをも吹き飛ばすステージの熱さ。
すごかった。

朴保のステージで、みんなが一つになってました。

■11/27-29 全同教三重大会 四日市市
四日市のコンビナートを初めて見た。
すごかった。


■12/26-27 東京
駒込どぅたっち 李政美LIVE&忘年会ツアー

どうしようか迷っていたが、斉藤とも子さんが行くことになり
急遽申し込みを。
あっという間にSOLD OUT。何とか受け付けしてもらえてよかったです。
1日目
39155424_1822016863飛行機で羽田へ。
京成線のチケットまでついてるお得なプランだった。
品川のホテルに荷物を預け、泉岳寺へ。
泉岳寺
赤穂浪士の墓
今でもお参りに来る人が絶えない。

名前が添えられているが、ほとんど知らなかった。

荏原中延・多賀野でラーメンを食べ、
上野・国立博物館で国宝『土偶展』を見る。
結構おもしろかった。

駒込に移動し、斉藤とも子さん黄莉香達と一緒にどぅたっちへ。
李政美コンサート、すばらしいです。
とも子さん達がいらっしゃったからか
あっという間に満席になってしまったからか
39155424_219601028
この日のちょんみさん
「ありがとうございます」
しか言わなかったかも・・・。
そう思えるくらい、
何度も何度もその言葉を繰り返してました。
打ち上げもすごかったな。

来年もいけるといいな。

2日目
新宿バトル9 『泣きながら生きて』
呼吸が苦しくなるほど感動。
とも子さんが紹介してくださった。

石川での上映予定もあるようです。
ぜひ。
39155424_3038873277

千駄木でつけ麺TETSUのあつ盛を食べた後、
北砂の東京大空襲・戦災資料センターを見学。

無差別爆撃のひどさを実感する。

今回も、学び多いツアーとなった。


■12/29-30 富山 盆と正月宴会
今年最後は、富山への旅。
いつものメンバーと、ゆったり話して飲んで。
市電がおもしろかった。


みなさん
楽しんでいただけましたか???

2010年は、ソウルの旅から始まったよ。
たくさん、いろんなところへ、家族と、いろんな仲間と、出かけていけたらいいな。

2007/07/08

【Photo】 仏大寺 遣水観音山霊水堂

Img_2646 ここ数週間、土日になると仏大寺へ行っている。

 仏大寺 遣水(やりみず)観音山霊水堂

知る人ぞ知る、わき水の人気スポットで、長蛇の列がついてることも珍しくない。

土曜の午前中に行ったら、観光バスを始め20台近くの車がとまっていて、すぐに引き返してきた。あきれるほどの混雑である。今日も、朝7時過ぎに行ってきたのだが、すでに6台近くとまっていて、順番待ち。大型ペットボトルやらポリ容器やら、みなさん、大量に持ってきていて。

汲み方のルールが書かれている。

ペットボトルは10本まで、ポリ容器は3個まで。

Img_2648_13つの口があるが、一グループ一つだけ。
まぁ、そうでもしないと、いつまで経っても順番が回ってこない。(とはいっても、いつでもその数をはるかに超えるペットボトルや容器を持ってきてる一はいるけどね。)

霊水堂の名の通り、
この場所へ着くまでの道が、何
とも言えない雰囲気を持っている。

杉木立の中の一本道。
(すれ違う車は、すべて霊水を汲みに来た人たち。)

漏れてくる光、
色様々な緑。

この道を2キロ緩やかに登ったところに、
霊水堂が建っているのだ。

Img_2647


Img_1997

車をとめ、列に並ぶ。

すぐ横を流れる川。

これがまた
雰囲気がよろしい。


木々の合間を通り抜け
霊水堂の横で一休み。

旅の途中で拾った花びらが
その中で踊っている。

小さな
小さな
白い花

Img_1996

Img_1994

Img_1999観音堂の横にも、

小さな花。

気をつけてみないと、
見落としてしまいそうだが、

気品があって

とても美しい。


木々をながめ

花をながめ

水をながめ

音を楽しむ。


Img_2006_1ゆっくりと流れていく時間。

龍神様からいただいた
美味しい水でいれたコーヒーは
格別です。

行ってみますか?
行列覚悟で。

2007/07/01

【Photo】 うつりにけりな

Img_3358学校へ行き、車をとめると
この時期すぐ目に飛び込んでくるのが、
紫陽花の花。

色とりどり、
同じようで、
決して同じ物はない。


雨上がり、
水滴を抱いた花びらが、
また美しい。




Img_3352その淡い色が重なり合って
いろんな紫を創り上げている。

時間とともに、
その色合いが変化して

いつ見ても、新しい。

Img_3353

Img_3355

Img_3360

Img_3364

2007/06/20

【Photo】 花の色は

Img_2628季節が巡るたびに

その花が

当たり前のように咲き


ひとしきり咲き誇り

散っていく

ただ それだけのこと

花の前に立ち

見つめる


心の中の気持ちで

シャッターを切る


Img_2631_1

Img_2633
立葵


Img_2632
枇杷の実

Img_2639

Img_2640

Img_2642
てっせん


Img_2636

Img_2637
金糸梅(キンシバイ)

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ